forex

海外FX ブローカーを決める必須ポイント!

June 29, 2020 Off By amxjinaio

海外FXのブローカー(業者)を使って取引をする場合、どこを利用するか悩ましいものです。手法に絶対の自信があるなら大差がないかも知れませんが、多くの個人投資家なら投資スキルと同様にブローカー選びも大事になってきます。そこで、海外FXのブローカーで口座開設をする際の必須ポイントを紹介していきます。

●ハイレバ以外の条件に注目する!

海外FXにおける最重要メリットは、最大レバレッジ数百倍~数千倍のハイレバ取引です。これは国内ブローカーでは規制されているので、メリットなのは間違いないですが、海外ブローカー同士となるとどこもハイレバなので、ブローカー選別ではあまり気にする必要はありません。

A社が最大レバレッジ500倍、B社が888倍、C社が3000倍と仮定して、C社が必ずしもおすすめブローカーにはならないのです。もちろん、何が何でも最大レバレッジだけを条件にするならその選択もありですが、以下の様な条件も気にするべきなのです。

 ・日本語サポート、取引システム、スプレッド、対応通貨ペアなど

 ・最低入金額、実際の評価、入出金の対応など

要するにハイレバの”最大数字”だけでなく、様々な点も気にする必要があります。一例として必ずしもそうではないですが、最大レバレッジが高い業者ほどスプレッドが広かったり通貨ペアが少ないなどのデメリットもあります。よって、マイナー通貨狙いや短期取引メインなら、最大レバレッジだけで業者を選択すると不満を覚えるのです。

その一方、現在の大半のブローカーは日本語対応ですし、取引システムは国内FXのトップ業者と同等かそれ以上です。特に約定力に関しては、国内FXの低スプレッド業者とは違う「NDD方式」(No Dealing Desk)を採用し、約定が格段に速く安定度も抜群です。この点だけでも、海外FXのブローカーを選ぶメリットとなるほどです。

●結局はどこのブローカーが良いのか?

現在、人気が高い海外FXブローカーは、TitanFX、GemForex、Axiory、iForex 等々で、中でもダントツに人気高いのがXMになります。先ほどの条件などを考慮して、自ら選択するのが望ましいですが、身も蓋もない言い方をするなら、万能なブローカーは存在しません。最終的にはどこかを妥協するしかないですが、それでもXMなど、人気が高いブローカーを選べば、特に初心者の方なら満足して頂けるはずです。

注意点としては、国内FXブローカーにおける個人口座と法人口座のように、XMの場合はマイクロ口座、スタンダード口座、XMTrading ZERO口座の三種類が用意されています。これは他のブローカーも同様にいくつかの口座があるので、それぞれ最大レバレッジ・注文方式・取扱通貨ペア・手数料などが違ってきます。一瞬、面倒に感じるかも知れませんが、これらの違いは国内ブローカーでも付き物ですし、途中から別口座の開設は簡単なのであまり気にする必要はないです。

結論…XMをとりあえず開設するべき

最後に結論としては、初心者なら特にXMを開設して取引をすれば、間違いありません。人気が高いだけあり、細部まで優れていて総合力ではダントツです。もし、どうもXMが使い難いと思うなら、他の人気ブローカーや、自分がどうしても譲れない条件に合うブローカーを選択して使ってみて下さい。